MENU

洗顔石鹸の主な目的とは?

 

洗顔石鹸における主な目的は、表皮に付いた皮脂汚れをしっかりと落としてあげることだそうです。
皮脂汚れを落とすには、洗浄力がある石鹸が求められます。
でも、洗浄力が強いと肌に刺激を与えすぎて良くないのでは?

 

そこで、調べてみると私のカン違いのようでした。

 

弱酸性の洗顔料がやっぱり良いの?

よく聞く弱酸性という洗顔料は、お肌にマッチしているので良いイメージをもっていました。
なぜかというと、健康な肌は弱酸性だと聞いたことがあるからなのですが...。
調べると、弱酸性の場合、洗顔石鹸に求められる最大の目的である洗浄力が得られないとのこと。

 

欧米では、水が硬水のために洗浄力を持つアルカリ性の石鹸では泡立ちが得られませんが、日本の水道水は、軟水で中性です。
わざわざ洗浄力の弱い弱酸性の洗顔料を使わなくても十分な泡立ちは、得られるんですね。

 

また、弱酸性の洗顔料では肝心の汚れがしっかり落とせず肌に皮脂汚れが残ったままという結果にもなりかねないそうです。

 

すすぎで洗い流す水は中性の水なので、洗顔後は皮脂汚れもしっかり落ちて肌も中性になるそうです。
その後に、弱酸性の化粧水を付けてあげれば、肌は弱酸性になるんですって!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

]

 

このページの先頭へ