MENU

洗顔料は肌をこすると肌あれの原因に!

 

ニキビ肌や毛穴の汚れを気にするあまり、無意識に洗顔石鹸を使って洗顔しているつもりが、ついつい肌をこすってしまっていませんか?

 

手を洗う時はゴシゴシ洗って汚れを取る習慣があるので、洗顔も同じ意識で行うと肌あれの原因になってしまいます。

洗顔のポイントは?

洗顔のポイントは、洗顔石鹸を泡立てて、その泡をはさんだ手と肌は触れないように、らせんを描きながら泡を転がすようなイメージで洗っていきます。

 

また、洗顔石鹸で泡立てる前には、手を洗い油分を取り除いておくこともお忘れなく。

 

洗顔まえには、ぬるま湯で顔を少し濡らします。それから手に石鹸を取り泡立て作業を行いますが、泡立て作業に時間がかかってしまうと、洗顔泡で洗顔する前に肌が乾燥してしまっていた!?なんて本末転倒にならないようにも気を使いたいですね。

 

よか石けんは、半練り状となっているので、泡立てネットを併用すると、またたく間にきめ細やかな泡立てが可能です。

 

石けん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ